口臭が嫌われる理由となるのはなぜ?

なぜ口臭は嫌われる理由となるのか?

口臭を放つ女性

 

私は伝統的な習い事をしており、
その先生に尊敬の念を抱いていました。

 

初心者にとっては雲の上のようなカリスマ的存在だったのですが、
ある時たまたまごく近くでお話しできる機会があったのです。

 

私はとても嬉しかったのですが、いざ会話を始めると…
先生の口臭がものすごいことに気が付きました。。。。

 

 

笑顔で話していても、内心は「ヒエー」と後ずさりしたい気持ちでいっぱいです。

 

もちろん尊敬の念が変わることはないのですが、
それ以来私と先生の間には、目に見えないバリアが一枚、
貼られてしまったように思えています。

 

 

これはあくまで私の経験ですが、
このように、どんなに敬愛する相手でも、口臭があるだけで
それは人間関係を阻害する理由になってしまう。

 

そう気づいたエピソードでした。

 

 

口臭を持つ相手に全く悪意がなくても、人間は悪しき臭いを
「攻撃」としてとってしまう性質があるので、どうしても心理的な
壁を作ってしまう理由になるのです。

 

 

「たかが口臭で、そこまで嫌われる理由になるなんて…」と思う人も多いでしょう。

 

ですが、特に臭いに関して過敏な人にとっては一大事であり、
「この人とはうまくやっていけそうにない」と思ってしまう理由になりえます。

 

 

では、口臭を理由に嫌われることを避けるにはどうすれば?

 

自分の口臭に自覚がある人はかなり有望です。
自分が嫌われる理由となる、口臭そのものを改善する対策をとりましょう。

 

 

口臭と言っても原因によって対策の取り方は様々ありますから、
とりあえずは歯磨きをしながら自分に合った方法を模索しましょう。

 

そして、そういった小さな努力を人にさりげなくアピールすることが大事です。

 

 

「ああ、この人は自分の口臭を気にして、何とかしようとしているんだな」
そんな風に周囲に感じとってもらえれば、「口臭で周囲にハラスメントしてる人」として
嫌われることはまずなくなります。

 

人間は、自分の欠点に向かって克服しようとする人には、
応援の気持ちを抱くものですから^^

 

 

ただ、口臭に自覚がない人はどうしても嫌われることが多いのです。

 

体臭や口臭は自分では気づきにくいことも多いので、
なかなか難しいものです。

 

「どうしてこんなに嫌われるんだろう?」と人間関係に悩む方は、
まず自分の体臭を少し疑ってみた方がいいかもしれません。

 

 

>>>飲むだけの口臭対策がある?その方法とは?